ギタリストDの音楽日記 【苫小牧ギター教室】

ギタリストに役立つ情報発信をしていきます

【ギターチューニング】ドロップチューニングとは?

今回はドロップチューニングのメリット、デメリットを書いていきたいと思います。

 

まずドロップチューニングとは

通常のチューニング(半音下げ、一音下げでも可能)から

6弦のみを1音下げる。

レギュラーチューニングの場合は6弦をEからDにします。

 

因みに自分のバンドでも全弦一音下げ+ドロップチューニングの

ドロップCチューニングにてプレイしています!

 

早速ですがメリットは

 

・指一本でパワーコードがプレイできる

・レンジの広いヴォイシングが可能になる

・開放でキレのいいブレイクダウンが弾きやすい

 

デメリットは

・通常のコードが押さえにくくなる

 

位かなと。

 

詳しく書いて行きましょう!

 

メリット 指一本でパワーコードが出来る

ドロップチューニングは6弦のみが一音下がるので

実際に押さえる時は2フレット(1音)分フレットを上げなければ同じ音になりません。

 

例えばGのパワーコード(6弦3フレ、5弦5フレ、4弦5フレ)

をドロップチューニングで同じ音を出したい場合、

6弦5フレ、5弦5フレ、4弦5フレとすべて同じフレットになります。

よって指一本でパワーコードをプレイすることが出来ます。

 

これにより楽になるプレイも多いです。

 

メリット レンジの広いヴォイシングが可能になる

上に書いてある通り人差し指一本でパワーコードが弾けるので、

その他の指を高音弦側で使用してコードを作り出す事が可能です!

 

Djent、モダンメタル、ラウドロックではもう常套手段です!

 

パワーコードを刻みながらオカズ的なフレーズを入れることも可能です。

 

ヴォイシングに関してはいろいろ試して作ってみると

面白い音が出来上がるかもしれませんね!

 

メリット 開放でキレのいいブレイクダウンが弾ける

6弦.5弦.4弦の開放でもパワーコードになるので、

何も押さえずに弾くことも可能です。

 

Djentなどでのキレのいい刻みも左手がフリーなので、

ミュートで使う事が可能です。

 

ハーモニクスポイントを避けてしっかりとミュート出来ますね!

 

デメリット 通常のコードが押さえられなくなる事がある

6弦ルート系のコードはまず押さえにくくなります。

フレットが離れてしまう事もあるのでちょっと押さえるのが無理なコードもあります。

 

6弦を使用しないコードに関しては今まで通り問題なく押さえる事が出来ます。

 

デメリットとしてはこの位な気がしています!

 

まとめ

メリットデメリット書いて行きましたが、

ラウドロックと呼ばれるものや

Djent、メタルコア等には最適なチューニングになっています!

最初は慣れないと思いますが、もともと指板の度数等が

見えている方は、いろいろと応用できるかなと思います!

 

以上になります!

 

--------------------------------------------------------------------------------------------

ツイッター

大道 光 (@2Picha) | Twitter

インスタグラム

https://www.instagram.com/d.hikaru1015/?hl=ja

youtube

大道光 - YouTube

に演奏動画を投稿しておりますので、

気になった方は是非見に来てフォロー等よろしくお願い致します!

-----------------------------------------------------------------------------------------

オンラインギタースクールも受け付けております。

40分/3,300で受け付けています。

 

北海道苫小牧近郊の方は対面レッスン受け付けております!

 

対面レッスンは 60分/4,400円になります。

ご希望の方は

上記SNSのダイレクトメッセージもしくは

下記電話、メールよりお問い合わせください!

サウンドフィールドHP

TEL 0144-75-1770

mail info@soundfield.jp