ギタリストDの音楽日記 【苫小牧ギター教室】

ギタリストに役立つ情報発信をしていきます

【音楽理論】ギタリストはスケール覚える必要ある?覚えるとメリットばかりです!

今回はスケールを覚える必要があるのか、

またスケールを覚えるとどんなメリットがあるのかを書いて行こうと思います。

 

まず結論から

 

絶対に覚えなきゃならないという訳ではありません!

 

スコアを読んでコピーだけするという方はあまり必要はないかもしれません。

 

あとスケールを覚えただけでは実践で使う事は。

 

コードに対して何のスケールが使えるのか

という事が判断できるようになる必要があります。

 

耳コピをしたい、曲を作りたい、アレンジしたい、アドリブをしたい

という方にはかなり便利な物です。

 

何故便利なのか説明していこうと思います。

耳コピ時にとても便利

まず耳コピ時についてですが、

スケールを知らないとほぼすべてのフレットの中から

コピーする音を探さなければなりません。

 

逆にスケールを知っていると、

そのスケールの中から音を探す事が出来るので、

時短になる場合があります。

※曲のキーを判断して合うスケールを判断できるようにしなければなりませんが。

 

曲作り、アレンジにもとても便利

曲作り中コードは出来ているけどメロディが浮かばないというとき

使えるスケールが分かればその中からメロディを作れるので便利です!

 

スケール、コードの知識がない状態でも作れちゃう人もいますが、

天才タイプにしか出来ないかなと思います。

 

例えば参考にした曲の雰囲気を出したい時に

その曲のスケールの特徴が分かれば分析して自分の曲で

アウトプットすることが出来ます。

※ただスケールを並べるだけでは耳に残るキャッチ―なメロディは作れないですが。

 

楽器のアレンジの時も同様です。

 

アドリブ時(即興演奏)には必須

アドリブ時に何も知らないと何を弾いたらいいかわからないと思いますが、

スケールを知っているとまずはどこかのポジションで何かを弾けばいい

という事だけは判断できます。

これもただスケールをなぞって弾くだけでは

曲の特徴にあった雰囲気は出せませんので

コピー時にフレーズをしっかりと分析することによって

自分のフレーズに落とし込むことが出来ます。

 

演奏時のミスが減るかも?

スケールを理解していると次にどんな音が来るのか何となく

予想できるようになります。

 

演奏時にフレーズが飛んでしまった場合

(このようなケースはなるべく避けるようにしたいですが)

スケールが分かれば対応することも可能です。

 

全部のスケールを覚える必要はないかも

表現したい特徴のスケールのみ覚えればいいのではないかと思います。

 

メジャースケール(アイオニアン)

マイナースケール(エオリアン)

メジャーペンタトニックスケール

マイナーペンタトニックスケール

 

上記スケールはどんな方でも覚えておいて損のないスケールかなと思います!

 

まとめ

という事でスケールを覚えておくと便利だという事を

書きました!

 

基本自分は音楽理論は後付けで良いと考えています。

曲のコピーをして数曲弾けるような状態であれば、

スケール、ダイアトニック等を用いて分析をしていくと

『なるほど!この曲はこのキーでこんなスケールなんだ!』と

深く理解できることが多いと思います!

 

以上になります!

 

--------------------------------------------------------------------------------------------

ツイッター

大道 光 (@2Picha) | Twitter

インスタグラム

https://www.instagram.com/d.hikaru1015/?hl=ja

youtube

大道光 - YouTube

に演奏動画を投稿しておりますので、

気になった方は是非見に来てフォロー等よろしくお願い致します!

-----------------------------------------------------------------------------------------

オンラインギタースクールも受け付けております。

40分/3,300で受け付けています。

 

北海道苫小牧近郊の方は対面レッスン受け付けております!

 

対面レッスンは 60分/4,400円になります。

ご希望の方は

上記SNSのダイレクトメッセージもしくは

下記電話、メールよりお問い合わせください!

サウンドフィールドHP

TEL 0144-75-1770

mail info@soundfield.jp