ギタリストDの音楽日記 【苫小牧ギター教室】

ギタリストに役立つ情報発信をしていきます

【ギター練習】速弾きの練習のメリット、練習時の注意

『ある程度のコード、簡単なフレーズを弾けるようになった!』

という状態になったときに次に何を練習したらいいかわからなくなることありませんか?

 

ロックを弾きたいと思ったらいずれ速弾きを出来るようになりたいと

思いませんか?

 

自分もロック、メタルが好きだったのでいずれこれが弾きたいを思ってた曲が

何曲もありました。

 

そこから速弾きの練習を始めていきました。

 

 

速弾きに特化した教本にチャレンジ

 

速弾きが出来るように練習しようと思い

「地獄のメカニカルトレーニング」という教則本を見かけて

とりあえず購入してみました。

 

で何となく一日1つのフレーズを練習してこうと思い速弾きの練習に取り組みました。

当時のレベルでは1日1つ完璧に弾けることはなかったですが。笑

3日に1つくらいのペースで死ぬほど練習した記憶があります。

 

今考えると弾けるようになっていたかは微妙な所ですが、、。

 

でこの本の終盤になると何となくXの紅等多少速いフレーズに

何となくついて行けるようになってきた感じがありました。

 

教本のトレーニングによりピッキング、フィンガリングのレベルが

上がっていたのだと思います。

 

そこで速弾きを練習したことによるメリットをいくつか感じました。

 

色んな曲が余裕を持って弾けるようになった

教本によりフィンガリング、ピッキングのスピードは格段に上がりました。

 

それにより色んな曲が少し余裕を持って弾けるように感覚がありました。

 

当たり前の事なのですが限界のスピードを上げることにより遅いテンポでは

余裕を持て弾けるようになります。

 

なのでフィジカルをしっかり保つ為に速く弾く基礎練習は

今でも続けています。

 

速弾きの練習は色んなジャンルの曲が余裕を持って弾けるようになる

というメリットがあります。

 

練習時に注意した方が良い事がいくつかあるので

そちらも書いて行こうと思います。

 

【練習時の注意】しっかりとリズムをキープできるように練習

ある程度速く弾けるのにリズムが微妙、、。

という人結構いますよね!

 

これじゃレコーディング時、メンバーと合わせる時に

大変な思いをすることになります。

 

フレーズの練習をする時は必ずメトロノームを使用して練習しましょう。

 

【練習時の注意】アンプを鳴らして練習する

アンプで歪ませて練習しましょう。

歪ませると小さな音も増幅されるのでクリーンであまり目立たない音も

目立つようになります。

しっかり歪ませてノイズ処理もしっかりと意識しましょう。

 

※クリーンでしっかりピッキング出来ているか確認する事も良い練習になります。

個人的にはミュートの処理がある程度出来るようになってからで良いかなと思います。

 

まとめ

速く弾く練習をすることによってフェジカル面が強化され

様々なフレーズを余裕を持って弾くことが出来るようになります。

 

練習時にメトロノーム、アンプは必須です!

何を練習したらいいかわからない場合は何か教則本を購入してみるといいかと思います。

地獄のメカニカルトレーニングはかなりオススメです!

 

以上になります!

--------------------------------------------------------------------------------------------

ツイッター

大道 光 (@2Picha) | Twitter

インスタグラム

https://www.instagram.com/d.hikaru1015/?hl=ja

youtube

大道光 - YouTube

演奏動画を投稿しておりますので、

気になった方は是非見に来てフォロー等よろしくお願い致します!

 

レッスン希望の場合各SNSのDMより受け付け可能です。

-----------------------------------------------------------------------------------------

オンラインギタースクールも受け付けております。

40分/3,300で受け付けています。

 

北海道苫小牧近郊の方は対面レッスン受け付けております!

 

対面レッスンは 60分/4,400円になります。

ご希望の方は

上記SNSのダイレクトメッセージもしくは

下記電話、メールよりお問い合わせください!

サウンドフィールドHP

TEL 0144-75-1770

mail info@soundfield.jp